ウーマン

手軽に顔やせを実現する

医師たち

エラボトックスは、顔の両側に張ったエラにボトックスと呼ばれる特殊な薬剤を注射し、フェイスラインを整える美容医療技術です。筋肉の動きを部分的に麻痺させることで筋量を落とし、小顔効果を実現することができます。

Read More

肌トラブルが改善します

女医

美容皮膚科は手軽に利用することができます。最新の医療機器や美容理論を用いた治療を行っているほか使用する化粧品や日常のスキンケア方法などのアドバイスも行っています。美容皮膚科の魅力は手軽に利用できる点にあります。肌トラブルやスキンケアで悩んでいる方は美容皮膚科で相談しましょう。

Read More

エイジング効果が期待

鏡を見るレディ

若返りのために美容整形クリニックを利用ことは一般的になっています。メスを使用する手術などを行わなくても若返りが可能であり、美容整形クリニックの敷居は下がっているのです。利用する際には、安全性が確保されたクリニックを探すことをおすすめします。

Read More

目元を確実に若返らせる

中年女性

脂肪を取り除く

目の下の皮膚が老化して弾力を失い、脂肪の重さを支えきれなくなると、たるみが発生します。目の下にたるみができると、光の加減でクマになり、さらに老けて見られることもあります。目の下のたるみを取るには、ヒアルロン酸注入やサーマクールなどの方法もありますが、ヒアルロン酸は3か月〜半年ほどで効果がなくなりますし、サーマクールは効果が出るまでに時間がかかります。最も確実にたるみを取れるのは、目の下の脂肪を取り除く手術です。即効性があることや、一度手術をすれば半永久的に効果があることから人気になっています。手術には筋皮弁法、ハムラ法、軽結膜下脱脂法などの種類があり、たるみや膨らみの程度によって使い分けます。

まつ毛の生え際を切開

たるみを取る手術には、まつ毛の生え際を切開する方法と、まぶたの裏側に穴を開けて脂肪を吸引する方法があります。切開すると傷跡が残りますが、まつ毛に隠れるのでほとんど目立ちません。たるみの程度が重く、皮膚や筋肉を切除する必要があるときは、この方法が用いられます。まぶたの裏側から吸引する手術は、外からでは傷跡がまったく分からないのが特徴です。比較的軽度のたるみを改善するのに効果的です。手術中は麻酔が効いているので、痛みを感じることはありませんが、施術後に腫れや内出血が生じることがあります。切開した場合は1週間ほど後に抜糸を行なうので、それまでは安静にする必要があります。シャワーや洗顔は手術の翌日から可能です。